不動産担保ローンについて

不動産担保ローンとは何か?

担保、不動産、抵当権などの言葉の意味について

不動産担保ローンについて

不動産担保ローンとは、不動産を担保としてお金を借り入れること。

担保とは、もし借り入れたお金が返せなくなった場合、その返済にあてる物品のこと。

不動産担保ローンの場合、例えば土地を担保としてお金を借りて、返済ができなくなったら、土地を現金化してお金の返済に充てるという意味になる。

ちなみに連帯保証人の場合は、人的担保と呼ばれる。

(計画的に不動産担保ローンを利用するために:こちら→ http://www.theincrediblewebsite.org/)

では不動産とは何か。

これは動くことのできない価値のある物品で、例えば土地、建物、戸建住宅、マンション、アパート、ビル、商業用不動産、借地などがある。

ではどんなものを担保にできるのか。

まず借り入れる本人が所有している不動産でなくてはならない。

ただし親名義の場合、担保を提供する本人の同意があればそれも担保とすることができる。

金融会社によっては第三者の不動産も担保にできる場合もある。

不動産の価値を算定するために、通常は市場で流通する価格を基本とし計算する。

それから不動産担保ローンでよく聞かれるのが、抵当権、根抵当権、質権があるが、抵当権とは債務が弁済されないとき、担保物権の競売代金から優先的に弁済を受けることができる権利をいい、根抵当権とは債務権と債権者の間に、一定のス類の取引について極度額を設定し、債務が弁済されないとき、担保の物件の競売代金から弁済を受けることができる権利をいい、質権とは、担保物権を預かり返済できないときにそれを処分して弁済に充てることができる権利のことを指す。

Copyright (C) www.thetiffinclub.com. All Rights Reserved.

不動産担保ローンの仕組み